×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシック 失敗と思う手術のケースと失敗しない為に大切な事

レーシックで失敗したと思われる失敗のケースと安全にレーシックの手術、治療を受ける為についてここでは見ていきたいと思います。
レーシックの手術をして失敗に該当する内容とは、基本的に、レーシックの手術を受けた後に、「合併症が出た場合」、「後遺症が残った場合」などが起こる可能性があります。また、もちろん、医師のミスによってレーシックの手術が失敗するという可能性もゼロではありません。
レーシックの手術は、機械が行う手術なので、手術の部類の中で安全な方になる為、視力をなくした
というようなレーシックの手術で失敗したという事は聞いたことがありませんが、レーシックの手術で失敗したと思わないために大切なのが、レーシックの手術後のアフターケアが大切になるようです。レーシック手術は、アフターケアは利益があまり出ないようなので、レーシックのアフターケアをしっかりやってくれるところだと安心できると思います。また、もしもの事を考えた場合には、レーシックの手術を行う病院やクリニックなどは、眼科の専門医が居るところの方が何かトラブルがあったときも安心です。この為、レーシックの手術で失敗したと思わない為に、アフターケアがしっかりして、眼科の専門医が居るところを選んだ方がレーシックの失敗が起こる確率が減らせるのではないかと思います。

スポンサードリンク

レーシック手術を行う前に読んでおくべき本
レーシック手術について不安があるならまずはこの書籍で確認することをオススメします。

レーシックの手術を行った人に必需品
レーシックの手術を行った人に必需品や役立つアイテムを多数紹介しています。

人気で売れている順番にレーシック関連の書籍
よく売れている順番にレーシック関連の書籍を一覧で紹介していますので参考になると思います。

評価が高いレーシック関連書籍
どうせなら評判や感想を確認してからレーシックの本を選びたい人にピッタリです。

スポンサードリンク

人気で売れている順番にレーシック関連の書籍
よく売れている順番にレーシック関連の書籍を一覧で紹介していますので参考になると思います。

評価が高いレーシック関連書籍
どうせなら評判や感想を確認してからレーシックの本を選びたい人にピッタリです。

レーシック手術を行う前に読んでおくべき本
レーシック手術について不安があるならまずはこの書籍で確認することをオススメします。

レーシックの手術を行った人に必需品
レーシックの手術を行った人に必需品や役立つアイテムを多数紹介しています。

レーシック 失敗と思う手術【後遺症、合併症の種類】

レーシックで失敗したと、手術の後で思わない為に、レーシックの手術を行った後に起こりえる、後遺症、合併症について紹介しておきたいと思います。レーシック手術をしたら軽度な合併症や後遺症が一定期間は残ったという事は、起こりえますので、このような事になってレーシックの手術に失敗したと思わないためにもレーシック後の合併症、後遺症を理解しておきましょう。
まずは、ここでは、簡単に、レーシック手術で失敗と思われがちな、レーシック治療後の「後遺症」、「合併症」の種類を紹介しておきます。
レーシック手術を行った後に、起こりえる「後遺症」、「合併症」は、
「ドライアイ」、「異物感や痛み」、「ハロ・グレア現象」、「フラップがずれる」、「フラップがはずれる」、「近視の再発」、「乱視」、「結膜下出血」、「緑内障」、「感染症」、「角膜拡張症」などの症状が起こり、レーシック手術が失敗したと思う人も居るようです。

レーシック 失敗と思う手術【後遺症、合併症の詳細】

レーシックの手術で、失敗と思うようなレーシック手術の後遺症、合併症の詳細を紹介したいと思います。
【ドライアイ(レーシック手術の失敗と思う症状@)】
レーシック手術の失敗と思う症状の1つ目の「ドライアイ」ですが、レーシック手術をして失敗したと思う症状のドライアイですが、これは、レーシックの手術を行う時に涙の分泌を行っている部分の神経も切り取る為に、レーシックの手術を行うとドライアイになる可能性があります。これは、数ヶ月で治ることが多いようですが、なかには、一生、ドライアイの症状が起こる可能性もありますので、一生、ドライアイになるような場合には、レーシックの手術が失敗したと言えるのではないかと思います。
【異物感や痛み(レーシック手術の失敗と思う症状A)】
レーシック手術の失敗と思う症状の2つ目の「異物感や痛み」は、レーシックの手術を行った直後などは、目にゴミが入っているような異物感を感じるような人もいるようです。また、目がしみるという人もいますが、この「異物感や痛み」は、レーシックの手術を受けてからしばらくすると治るようです。
【ハロ・グレア現象(レーシック手術の失敗と思う症状B)】
レーシック手術の失敗と思う症状の3つ目の「ハロ・グレア現象」とは、レーシックの手術後に光を見た場合に今までよりもまぶしく感じたり、また、にじんで見えたりする現象です。この「ハロ・グレア現象」は、レーシック手術を受けた人の50%程度が手術後に現れることがあるようですが、レーシックの手術を行った後、6ヵ月から1年ぐらいで改善される人が多いようです。
【フラップがずれる(レーシック手術の失敗と思う症状C)】
レーシック手術の失敗と思う症状の4つ目の「フラップがずれる」とは、レーシックの手術ではフラップというフタを使いますが、このフラップというフタがずれてしまう可能性がありますので、もしも問題を感じた場合は病院で適切な対処を行う必要があります。基本的にフラップは、レーシックの手術後、6ヵ月から1年で安定するようです。
【フラップが取れる(レーシック手術の失敗と思う症状D)】
レーシック手術の失敗と思う症状の5つ目は、「フラップが取れる」という事があります。これは、レーシック手術を行った医師の技術不足であったり、レーシック手術の機器の性能が悪い場合に起こりえますが、かるい症状である場合には、再度手術を行うことで治りますが、ひどい状態の場合には、再度手術が行えない場合もあります。
【近視の再発(レーシック手術の失敗と思う症状E)】
レーシック手術の失敗と思う症状の6つ目は、元々、近視であった人がレーシックの手術後に近視に戻ってしまう場合ですが、これは、再度、手術を行うことが可能です。
【乱視(レーシック手術の失敗と思う症状F)】
レーシック手術の失敗と思う症状の7つ目は、古いレーシックの機器を使用している場合に起こりえた現象ですが、レーシックの手術を行った時に照射するレーザーが不均一であった場合には、乱視になる場合があるようです。これは、最新の機器でレーシックの手術をする病院を選べば大丈夫です。
【結膜下出血(レーシック手術の失敗と思う症状G)】
レーシック手術の失敗と思う症状の8つ目は、白眼部分が赤くなる症状ですが、これは、白眼部分の血管が傷ついた為に起こっていると考えられますが、視力に影響はなく、また、ほとんどの場合には、数日で治るようです。
【緑内障(レーシック手術の失敗と思う症状H)】
レーシック手術の失敗と思う症状の9つ目は、レーシックの手術を行ったことで、眼圧が高くなってしまった場合には、緑内障になる可能性があります。このように緑内障になった場合には、目薬で症状を改善することが可能です。
【感染症(レーシック手術の失敗と思う症状I)】
レーシック手術の失敗と思う症状の10個目は、レーシックの手術を行った部分の角膜から細菌に感染した場合に感染症を起こす事がありますが、これは、ごく稀なケースでも、もしも、感染症になった場合には、目薬で治療ができます。
【角膜拡張症(レーシック手術の失敗と思う症状J)】
レーシック手術の失敗と思う症状の11個目は、レーシックの手術でレーザーを照射した時に角膜を薄く削りすぎた場合に、角膜の中心部分が拡張する事があります。このようになると、近視や乱視になる場合があります。これは、レーシックの手術を行う前にしっかりと検査をする事で防ぐことが出来る症状なので、病院選びが大切になります。

レーシック手術を行う前に読んでおくべき本
レーシック手術について不安があるならまずはこの書籍で確認することをオススメします。
レーシックの手術を行った人に必需品
レーシックの手術を行った人に必需品や役立つアイテムを多数紹介しています。
人気で売れている順番にレーシック関連の書籍
よく売れている順番にレーシック関連の書籍を一覧で紹介していますので参考になると思います。
評価が高いレーシック関連書籍
どうせなら評判や感想を確認してからレーシックの本を選びたい人にピッタリです。

Copyright © 2008 レーシック手術と失敗(後遺症・合併症).info